乳酸菌サプリメント人気商品

MENU

豊乳酸菌の種類と数 特徴・性質の違いについて


乳酸菌の分類は大別して動物性植物性のものがあります。
簡単に定義すれば読んで字のごとく、動物性のものは生物の体内に、植物性のものは植物であればほぼ全ての種類の植物に生息しており、動物性は栄養豊富な好条件の場でのみ、植物性は栄養バランスの悪い過酷な条件下でも生き続けることができると言われています。

乳酸菌は細菌の一種であり、そのような生きたままの細菌を含む健康食品のことをプロバイオティクス乳酸菌などと称したりします。

そして乳酸菌とは生物には必要不可欠な乳酸をうみだす作用のある細菌のことを総称して乳酸菌と呼び、その中には
1073r-1
lb81
lgg
ns
ec-12
l-55
pl
fk-23
la-20
bb536
lc1
cp2305

などなどたくさんの種類があり、
たとえば
  • ef-2001 … 免疫力アップ効果が絶大でガン、血糖値、C型肝炎、高血圧など免疫にかかわってくる病気の予防、抑制に効果がある
  • bb12 … 胃酸に強いので生きたまま腸に届き死菌になりにくい、ls1(Lactobacillus Salivarius ti2711)は英名表記の通りヒトの口腔内にいる乳酸菌で(Lavtobacillus=乳酸菌、Salivarius=唾液の)、歯周病などの原因である悪玉菌を抑制したり口臭を軽減させる効果がある
など、それぞれ役割や特徴が様々です。


また乳酸菌をネットで乳酸桿菌という言葉を見かけることも多く、
「乳酸桿菌とは???」
という疑問にぶつかる方もいらっしゃるでしょうが、、このLs1のようにヒトや動物の体内に多く生息している乳酸菌のこと(ラクトバシラス属)を指して乳酸桿菌としていることが多い様です。
体調を整えたり免疫力をアップしたりと人体に有効に働いてくれるものを機能性乳酸菌といい、体内に吸収しやすいように粒子を直径1ミクロン以下の微粒に加工したものをナノ型乳酸菌といったりもします。

そして通常の乳酸菌は熱、乾燥、酸などの過酷な環境に特に弱いですが、有胞子性乳酸菌といわれるものはそれらの厳しい環境を耐え抜き生きたまま腸まで届くという特徴があるため、サプリメントなどの錠剤やお菓子など、熱加工処理や乾燥状態で保管しなければならない食品などにも幅広く利用できるというメリットがあります。

明治ブルガリアヨーグルトlb-81、ダノンビオbe80、ビヒダスBB536KW乳酸菌など、菌の名前がそのまま商品名になっているようなものもあります。

最近トクホ、トクホとよく耳にしますが、このトクホ(特定保健用食品のこと)は消費者長官が認証した、特に健康を保つために有効とされている安全な健康食品のことで、これらの乳酸菌を含む加工食品の中には特定保健用食品に認定されている商品もたくさんありますね。
商品パッケージに特定保健用食品などと表示されているので注意してみてみてください。



人気のl−92・プラズマ乳酸菌・r−1・lg21の効果について


プラズマ乳酸菌とは免疫細胞に働きかけウイルスが体内に侵入してくるのを防ぎ、インフルエンザや風邪の予防に効果絶大といわれているもので、
  • カルピl-92(lg92、ヤクルトl 92など、間違えやすいですがl-92はカルピスの商品です。)
  • lg-21乳酸菌(森永)
  • r1乳酸菌(明治ヨーグルト)
など、商品名が乳酸菌の名前そのままになっているわかりやすいものがたくさん市販されています。

いずれの乳酸菌もピロリ菌など悪い菌を死滅してくれる殺菌効果、整腸効果があり、腸内環境を健やかに保つ手助けをしてくれます。
前述のとおり、乳酸菌にはlg81r-1be80など横文字と数字を合わせた記号みたいな名前のものがたくさんあり、それぞれに少しずつ効果、役割などが変わってきますが、どの乳酸菌も体に良いことには変わりないので、個人的にはどれを摂取しても大差ないかな?とは思っています。
ヨーグルトにしてもサプリにしても個人で好みがあると思うので、好きなものをチョイスしてOK。



乳酸菌とビフィズス菌の違いって?シロタ株って何?


ビフィズス菌、乳酸菌、どちらもヨーグルトのパッケージなどでよく見かける言葉ですが、乳酸菌は体内の糖を分解し乳酸を作り酵素に強い、ビフィズス菌は乳酸以外の酸も生成し酵素に弱いという特徴があります。

乳酸菌は発酵食品にも多く含まれるため外部からの摂取が安易ですし、ビフィズス菌は私達の腸内に多く生存している菌です。
いずれも私達の体にとってよい働きをしてくれる善玉菌の一種といえます。

中でも最近よく聞くのがシロタ株という言葉。
このシロタ株も乳酸菌の一種で、胃酸や胆汁などの酸にも強く生きたまま腸に行き渡るとされているので、腸内環境を改善してくれる働きがあります。
たとえばヤクルト カゼイシロタ株。
老舗のメーカーでヤクルトを知らない人はいないでしょう。
ヤクルトは子供の飲み物として認知度が高いかもしれませんが、子供だけのための飲料ではありません。
小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんの全ての世代の人に健康のために飲んでいただきたいと思います。



乳酸菌生産物質とは?効果は?


人間は生まれたときから様々な腸内細菌を体内に保菌しているといわれています。

中でも腸内環境を健やかに保つ働きがある善玉菌たちが毎日頑張って生成する物質、それが乳酸菌生成物質といわれるもので、それらは主にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌から作られます。

この乳酸菌生成物質のおかげで腸内環境を健やかに保て健康を維持できているといわれているのです。
この乳酸菌が作り出したエキスのことを乳酸菌生産エキス乳酸菌生成エキスなどといい、このエキスを配合したサプリメントなども各メーカーから多数販売されています。

飲み始めた初日から便秘が改善されるなどの声が多く、ダイエット食品やダイエットサプリなどと違い、特に‘相性’は関係ないようです。
体にとって良質なものなので、体調を整えるためにも美容のためにも積極的にこれらの食品を摂取することは良いとされています。

乳酸菌サプリ一番人気はこれ!


更新履歴